2014年12月16日(Tue) 新宿LOFT

HOT STUFF presents Ruby Tuesday 3 supported by TUMBLING DICE

  • Anny
    Anny
  • 本棚のモヨコ
    本棚のモヨコ
  • アンテナ
    アンテナ
  • 蜜
    蜜(BAR STAGE ACT)
  • テジナ
    テジナ(BAR STAGE ACT)
当日券公演当日18:00よりALL STANDING¥1,500(税込)ドリンク代別で販売いたします。

2014年12月16日(火) 開場18:00 開演19:00

新宿LOFT東京都新宿区歌舞伎町1-12-9 タテハナビルB2F

出演

  • Anny
  • 本棚のモヨコ
  • アンテナ
  • (BAR STAGE ACT)
  • テジナ
※BAR STAGE ACTは、MAIN STAGEバンド転換中の演奏となります。なお、蜜は2stageの演奏となります。
  • 立見¥1,000(税込)
  • ※ドリンク代別
  • 主催:HOT STUFF PROMOTION
  • 後援:RollingStone
  • 企画・制作:HOT STUFF PROMOTION
  • 協力:Sony Music Artists Inc./スピードスター・ミュージック/D.O.G RECORDS/新宿LOFT
  • (問)HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999(Weekday 12:00〜18:00)

チケット先行予約

[終了]ぴあプレリザーブ 10/27(月)11:00~10/29(水)23:00
[終了]ローソンプレリクエスト 10/27(月)13:00~10/29(水)23:00
[終了]イープラスプレオーダー 10/27(月)21:00~10/29(水)18:00
[終了]最速先行 10/24(金)10:00~10/26(日)23:00

チケット一般発売

11月1日(土)10:00〜
Anny

Anny

http://anny2008.com/

×閉じる
本棚のモヨコ

本棚のモヨコ

http://hondananomoyoko.com/

2010年結成、札幌在住男女5人組バンド。巧みなコーラスワークで奏でる90年代のPOPカルチャーを受け継いだかのような楽曲とボーカル森の書くどこか 捻くれている歌詞、親しみやすい5人のキャラクターで若者層を中心に人気を呼んでいる。2013年4月に発売した初めての全国流通盤1st Mini Album「夢 の続きをもう一度」がタワレコメンに選出、同年11月には2nd Mini Album「安心のテーマ」を発売。初めてのリリースツアーを開催し成功をおさめる。
×閉じる
アンテナ

アンテナ

http://antena-official.jp/pc/

日常における人間の身勝手さ、弱さなどのドロドロした本質を透き通る歌声、透き通るバンドサウンドで目を背けたくなるほど容赦なく突き通しながら伝える。
「優しく、苦々しく、いそうでいなかった正統派ロックバンド」。

2011年に全国のタワーレコード限定「さよならの代わり」発売。ツアーファイナルに行われたワンマンイベント完売。
2012年ARABAKI ROCK Fest出演。2014年にはメガ☆ロックス4年連続にして2回目のRensa出演、サカエスプリングでは入場規制目前までの動員で10月に行われたMINAMI WHEELでは2年目にして入場規制をかける等、全国への活動を広めている。
×閉じる
蜜

http://mitsu71.com/

唯一無二の声をもつ木村ウニ♀と橋詰遼♂。二人の出遇いが生んだ奇跡の唄合戦ユニット「蜜」。男女ユニットの歴史すらも覆すほどの強烈なインパクトを持って観る者を圧倒する。時にロックで、時にポップ。キャッチーでありマニアック。よいメロディーと気持ちよいハーモニーを武器に勢力的にライブを展開中。今までに3枚のオリジナルアルバム「eAt me !」「HeとSheでShow」「キス アンド クライ」、カヴァーアルバム「蜜狩り」をリリース。

■メンバー
木村ウニ(きむら うに)
Vo.
1987.7.18生 B型 蟹座
橋詰遼(はしづめ りょう)
Vo.&Gt.
1986.1.31生 O型 水がめ座
×閉じる
テジナ

テジナ

http://tejina-music.com/

  • 大坪 拓矢(ボーカル、ギター)
  • 盆子原 唯一(ギター、鍵盤)
  • 黒田 恵司(ベース)
  • 桐田太市(ドラムス)

2011年、4人の田舎者たちにより、アーバンシティ東京にて結成。
バンド名の「テジナ」には全く辞書通りの意味が込められている。
アップテンポでチョけたナンバーからノスタルジックなバラードまで、バンドの特色を活かしつつも表情豊かな楽曲を持ち味としている。

×閉じる